高血糖の状態が続いてしまった場合、感染症にかかりやすくなるんです。 これは、高血糖が原因で白血球の働きが弱くなり、免疫力が低下してしまうためです。 免疫力が低下すると様々な感染症にかかりやすくなる上に、通常よりも症状(なかなかつらさを他の人にわかってもらうのは難しいものです)が重くなることもあります。 また、高血糖の状態で感染症にかかると、治るのも遅くなってしまうみたいです。 特にかかりやすい感染症は、以下のようなものです。 ・呼吸器系の感染症 ・皮膚(実は常在菌がいるそうです。そう考えるとちょっと怖いかもしれません)の感染症 ・尿路感染症 ・口腔内感染症 呼吸器系の感染症とは肺炎や結核などで、皮膚の感染症というのは白癬症やカンジダ腟炎といった病気(なって初めて健康のありがたみを知るなんてよくいいます)をいいます。 尿路感染症としては、膀胱炎や腎盂炎、腎盂腎炎などが代表的と言われているものです。 口腔内感染症は、歯周病や歯肉炎などですね。 高血糖(ずっと高い状態が続くと、糖尿病になり、深刻な合併症を引き起こす危険性が高くなります)だと、こういった病気(予防することで発症や再発を防げることもあるようです)に感染しやすくなります。 そして、高血糖でしたら、通常では考えられないほど症状が悪化してしまう為、早めに治療(最先端のものは高額な費用がかかることがほとんどでしょう)しないと大変なことになるのです。 もし、高血糖(以前よりもすぐにのどが乾く、夜トイレに行く回?が増えた、疲れやすくなったなどの症状が出ることもあります)の人が体に異常を感じたら、すぐに病院で治療(なるべく早期に始めるほど、効果が上がりやすいものです)を受けて下さいー